修了生の紹介

修士論文の題目と共に、学術雑誌に掲載された論文の情報を斜体で記しています。

平成29年度     岩佐(原) 由貴(高齢者看護学コース)

            脳卒中により急性期病院に入院となった高齢患者の子が抱く思い

 

            山根 裕子(老人看護CNSコース)

            慢性閉塞性肺疾患をもつ高齢者と家族がCO2ナルコーシスの兆しを捉え入院に至る過程


平成27年度

田口 ますみ(高齢者看護学コース)

認知症を有する高齢慢性心不全患者の家族が捉える心不全増悪兆候

田口ますみ,原祥子,小野光美,日野雅洋(2017):認知症を有する高齢慢性心不全患者の家族がとらえる心不全増悪徴候,老年看護学,21(2)42-50.

 

立原 怜(老人看護CNSコース)

認知症高齢者の血液透析導入後の生活を支える家族の体験



平成26年度

荒木 さおり(高齢者看護学コース)

一般病院の認知症高齢者看護における認知症看護認定看護師の専門的実践活動

荒木さおり,原 祥子,長谷川沙希,小野光美(2016):一般病院に勤務する認知症看護認定看護師の認知症高齢者に対する専門的実践活動,日本認知症ケア学会誌,14(4),858-867.

 

日野 雅洋高齢者看護学コース)

精神科救急入院病棟における認知症患者への看護実践の検討

日野雅洋,原祥子,小野光美(2017):重度のBPSDで精神科救急入院病棟に入院した認知症患者への看護実践,島根大学医学部紀要,391-8



平成25年度

徳島 仁美(高齢者看護学コース)

中山間地域に暮らす超高齢者の身体的機能の低下を乗り越える力


 健高齢者看護学コース)

大腿骨骨折後の高齢者における排泄行動の見守りを止めて良いと判断した看護師の視点 

林健司,原祥子(2014):大腿骨骨折術後の高齢患者における排泄行動の見守りを止めて良いと判断した看護師の着眼点,老年看護学,19(1),91-97.


福岡 理英高齢者看護学コース)

複合施設で生活する高齢者における子どもとの交流の意味

福岡理英,原祥子,小野光美(2016):複合施設で生活する高齢者における子どもとの交流の意味,島根大学医学部紀要,38,1-9.

 
藤原 絢子
高齢者看護学コース)

糖尿病が強く疑われる高齢者が受診をしない理由に関する質的研究

藤原絢子,原祥子(2016):糖尿病が強く疑われる高齢者が受診をしない理由に関する質的研究,島根大学医学部紀要,38,45-53.

 

松谷 ひろみ高齢者看護学コース) 

中山間地域に暮らす後期高齢者の個人エンパワメントの様相

松谷ひろみ,原祥子(2015):中山間地域に暮らす後期高齢者の個人エンパワメントの様相,日本看護研究学会雑誌,38(1),101-111.



平成24年度 

内部 孝子(老人看護CNSコース)

急性期疾患治療後の高齢者における生活リズムと栄養状態の関連性の検討 

内部孝子,原祥子,足立経一(2014):急性疾患治療後の高齢者における生活リズムと栄養状態の関連性の検討,静脈経腸栄養,29(4),1035-1041.


嘉藤 育子人看護CNSコース)

一般病棟における認知症高齢者の転倒の危険に対する看護師の判断

嘉藤育子,原祥子(2014):一般病棟における認知症高齢者の転倒の危険性に対する看護師の判断,島根大学医学部紀要,37,51-59.


伊藤 都七子高齢者看護学コース)

急性期病院における高齢遷延性意識障害患者への看護ケア

伊藤都七子,原祥子,沖中由美,小野光美(2013):急性期病院における高齢遷延性意識障害患者への看護ケア、島根大学医学部紀要,36,31-38.



平成23年度

阿川 慶子(高齢者看護学コース)

高齢慢性心不全患者の日常生活における身体変化の自覚

阿川慶子,原祥子,小野光美,沖中由美(2012):高齢慢性心不全患者日常生活における身体変化の自覚,老年看護学,17(1),46-54.


長谷川 沙希高齢者看護学コース)

ICUにおいて抑制を受ける高齢患者に対する看護ケア

長谷川沙希,原祥子,沖中由美,小野光美(2012):ICUにおいて抑制を受ける高齢患者に対する看護ケア,老年看護学,17(1),28-36.



平成22年度

横尾 美希高齢者看護学コース)

急性期病院に入院している難聴高齢者の難聴に由来する体験

横尾美希,原祥子(2011):急性期病院に入院している難聴高齢者の難聴に由来する体験,老年看護学,16(1),66-74.

 

加藤 真紀高齢者看護学コース)

施設入所高齢者の胃瘻造設における家族の代理決定プロセス

加藤真紀,原祥子(2012):介護老人福祉施設入所高齢者の胃瘻造設における家族の代理意思決定プロセス,老年看護学,16(2),38-46.

 

竹田 裕子(高齢者看護学コース)

尿失禁に対する地域在住高齢者の認知的評価と対処

竹田裕子,原祥子(2012):尿失禁に対する地域在住高齢者の認知的評価と対処,日本在宅ケア学会誌,16(1),51-59.
 

山中 知子(高齢者看護学コース)

人工膝関節全置換術を受けた高齢者の手術決断に関する意思決定プロセス

山中知子,原祥子(2013):人工膝関節全置換術を受けた高齢者の手術決断に関する意思決定プロセス,日本運動器看護学会誌, 8, 24-32.