島根大学GCNS会

老年看護学の教員および老人看護CNS、老人看護CNSコース修了生、老人看護CNSコースの大学院生で事例検討を行います。

そのなかで老人看護CNSとしての実践、相談、調整、倫理調整の能力を開発します。

 

専門看護師については日本看護協会ホームページ参照


目的             島根大学大学院老人看護CNSコースを修了した老人看護専門看護師(Gerontological Certified Nurse                 

                     Specialist:以下、GCNS)、またはGCNS候補生が互いに学びを深め、GCNSとしての実践能力の向上を図る。

 

開催    毎月1回程度

 

場所    島根大学医学部看護学科棟 6階 地域看護学第2研究室

 

参加者    原 祥子   (教授)

       加藤 真紀   (准教授)

       福岡 理英   (助教)

       吉岡 佐知子 (GCNS・松江市立病院)

       内部 孝子   (GCNS・松江赤十字病院)     平成24年度 老人看護CNSコース修了生

       嘉藤 育子   (GCNS・松江記念病院)        平成24年度 老人看護CNSコース修了生

       立原 怜       (GCNS・島根県立中央病院)   平成27年度 老人看護CNSコース修了生

       山根 裕子   (松江医療センター)        平成29年度 老人看護CNSコース修了生

       板倉 愛    老人看護CNSコース院生

       梶野 好美     老人看護CNSコース院生

       藤江 さとみ   老人看護CNSコース院生

       石原 鮎子   老人看護CNSコース院生

       光貞 美香   老人看護CNSコース院生

       

内容   1.修了生の年間活動計画の策定・報告と方向性の検討

      2.事例検討

      3.参加したセミナーなどの報告

      4.老人看護領域における新たなガイドラインなどの抄読